「ShopBotを使ってみよう!」体験講座を実施しました!


本日、「ShopBotを使ってみよう」の体験講座を実施しました。(イベントについてはこちら

 

過去には地域の方に向けて講座を行ったことがありますが、実はVUILDとして、こうしてShopBotを一般の方に使っていただく機会をつくるのは初めてのこと。

どういう方が来てくれるかワクワクしておりましたが、初回は学生の方が来てくれました!

 

今回参加してくれたのは建築を学ぶ大学生。

個人でデジタルファブリケーションに興味があり、いろんなメイカースペースなどで制作をしているそう。

まずはShopBot専用の加工データをつくるためのCAMソフトの講義です。

このV-carveというソフトは、CAMソフトではありながら簡単な作図機能などもあります。

ShopBotの操作に関しては手順を覚えてしまえば難しくないのですが、

使いこなすにはこういったCAMソフトを習得する必要があります。

午前中で、簡単な作図からカットするところまで。

一連の操作の手順を覚えていただきます。

 

午後は自由に切削したい加工に挑戦します。

インテリアのものをつくりたいとのことで、今回はサンプルの椅子データを使いながら進めていきました。


この椅子簡単そうにみえますが、接着剤なしでぴったり組み上がるようにCAMソフトでの微調整が必要です。

CNC加工ならではの作図ポイントを学びながら、1日存分にShopBotを体験してもらいました。

 

このあと、さらに0から設計することにもチャレンジしてみました。

でも0から設計してみていざ加工してみると、刃物の直径のサイズ関係で加工できない場所があったり。

設計しているだけでは気づかなかった製造過程で「できない加工」を目の当たりに。

 

こうした失敗も、ShopBotという機械で実際に加工できるからこその学びです。

「悔しかったけど次くるときまでにいろいろ設計して、今度こそリベンジします!」と感想をいただきました! 

 

今後もこうしたShopBotを使った講座や機材利用ができる環境を、川崎の本施設にて整えていく予定です。

今年の春には「VUILDERS SHOP(ヴィルダーズショップ)」という形で、ShopBotを使ったワークショップやShopBotのスキルアップできる施設として正式にオープン予定です。


再来週29日にも同様の講座を開講します。まだ若干名募集しておりますので、ご参加お待ちしております!
お申し込みはこちら