ShopBotについて

ShopBotとは、米国ShopBot Tools社の販売する木工向けのCNCルーターです。

 

ShopBotの特徴

・同サイズ帯と比較して安価

・組み立て式のためメンテナンスが容易

・オープンなポストプロセッサで自由度が高い

・オプション、カスタマイズの選択肢が豊富

 

このように、ShopBotは従来のCNCルーターと比較して柔軟な使い方ができるというメリットがあります。

 

弊社は用途に合わせて様々な使い方をご提案することが可能です。現在、全国の材木店や製材所、工務店、教育機関など、多様な企業・施設等に導入されています。


VUILDについて

VISION

情報技術とデジタル製造技術によって、個人の「創造性と実現力の制限」を解除し、生き生きとした住環境を実現するための「土壌」をつくる。
私たちVUILD株式会社は、ShopBotの活用によって、地域の木材を使い、住民自らの手でつくり、地域で使う、という地産地消の実現を通じて、持続可能な社会づくりを目指しています。

 

現在、弊社で導入したShopBotは全国44箇所に広がっています。(2019年8月現在)

国内唯一のエバンジュリスト

 VUILD株式会社 代表の秋吉浩気は、2013年8月にShopBot Tool社よりShopBot Guru -達人- の認定を受け、

国内唯一のエバンジェリスト -伝道者- としてShopBot Tools 社のCNCルーターの導入支援、サポート、ユーザーコミュニティの育成を行っています。

 

  

VUILD株式会社では、数あるShopBot CNC Tools の中でも、もっとも使いやすく汎用性の高いマシンとして Full Size Gantry Tools の PRSalphaモデルを主として取り扱っています。

 

ダウンロード
ShopBotブローシャー
ShopBot VUILDブローシャー2019.9.pdf
PDFファイル 333.3 KB

全国の導入事例

CASE1 小友材木店(岩手県)

創業1905年の老舗材木店で、主な事業は「栗などの広葉樹の立木の買い付け」や「丸太の販売」。

その一方で、ShopBotを活用した製品加工・施工などの「木材×IT領域」に取り組んでいる。豊富な知識とデザイン力を活かし、あらゆる要望に応えたものづくりには定評があり、クライアントは地元のみならず全国に広がる。

 

導入時期:2017年11月

導入機種:ShopBot PRSalpha 96×48

事例:小友材木店のFBページ

   ウッドスタンディングデスク ☆クラウドファンディング中!